LEDについて


HOME » LEDについて » メリット

LED照明を使うメリット

LED照明の光源"半導体"は、効率よくエネルギーの変換をしています。

従来の水銀灯や白熱灯、蛍光灯などと比較した時のLED照明のメリットをご紹介。
コスト面だけでなく、使用中の安全性や設置・交換・取扱いに関する作業効率の向上など様々な利点があります。

LEDのメリット
LEDのメリット1

長寿命

LEDの寿命は、約40,000~50,000時間。これは1日10時間使用したとしても約10年かかります。 一般的な蛍光灯・水銀灯などで言われている寿命12,000時間の3倍以上、LEDランプはロングライフを実現します。 これにより、照明器具の交換作業や廃棄物処理等のコスト低減が図れます。


LEDのメリット2

低コスト

寿命が長いこととあわせて、もう一つの大きな特徴として「省エネ&低コスト」が挙げられます。 LEDは光源として電流を効率よく光に変換する半導体を使用していますので、消費電力も大きく抑えられます。 当社の"ライティア"においても、LEDではない従来型投光器と比較して80%以上の節電を実現しています。


LEDのメリット3

人と環境にやさしい素材

一般的な水銀灯・蛍光灯には水銀が含まれておりますが、LEDランプは水銀灯ではないので有害な水銀は含まず、リサイクル品として回収・再生もされています。また、省電力設計なのでCO2排出量も低減します。


LEDのメリット4

LEDランプから放射される電磁波(電磁界)は人体に無害です

測定はDCモード(400Hz以下)・ACモード(50Hz~20Hzまで)で実施。
LEDライトからの漏洩磁界のレベルは低く、人体に影響を及ぼす値は認められません


大型投光器(メガシリーズ) Tシリーズ LED照明導入までの流れ LED照明を使うメリット